2010年05月02日

イタドリ(たしっぽ)って食べます?

イタドリ レシピ

イタドリ(タデ科)という山菜です。

食べた事がない人が多いかもしれないですね、これ。
先日Twitterで聞いてみた ↓ ところ、関東圏の人は食べないらしい、と言う事がわかりました。関西、四国では食べる地域もある、という事も。(うちは愛媛県。)





地域によって呼び方もさまざまですね。うちの地域では「たしっぽ」。
香川では「すかんぽ」「すっぽん」「いたっぽ」など、そして和歌山のRittyさんのブログによると、彼女の地域では「ごんぱち」と言うらしいです。

イタドリの下ごしらえ

母から聞いた、イタドリの下ごしらえをメモっておく。ワリと簡単でした。

1.皮をむく。

2.茹でる。ここで注意なのが、湯で時間だそうな。イタドリはちょっと茹ですぎると溶けちゃう勢いで柔らかくなってしまうそうです。時間的には1分未満・・・くらいの感覚。

3.水にさらす。(酸味を抜くため。)

イタドリ 食べ方

イタドリ 山菜 レシピ 

イタドリの一番美味しい食べ方はコレ!

母曰く・・・ですが、イタドリの一番間違いない食べ方は、「イタドリを炒めた後、油揚げと一緒に煮物する」方法らしい。

きちんと正しく下ごしらえしたイタドリは、ほのかな酸味とプリコリした食感が◎
ちなみに、フキのように真ん中が空洞になっているのも、食感がヨイ原因のひとつなんだろうなぁと思う。

確かに他の食材に比べて、調理に時間がかかるのでなかなか食べる機会も無いかもしれないのですが、スーパーなどで見かけたら一度トライしてみてください!しみじみと美味しいヨ。
スポンサーリンク

posted by 管理人K at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 変な野菜 食レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。